ペペロン頭脳

いわゆるエスアイヤーに勤めてるけどまともにエスアイやったことないITエンジニアのメモ的なアレ。

(Sublime Text)認証付きProxy環境下でもPackageControl

何度か設定しつつも毎回忘れるのでメモ。インストール時のワンライナーにちょっと手を加えれば突破できます。

インストール用ワンライナー

実行方法などは本家参照。これを読んでる時点で説明不要とは思いますが。

Installation - Package Control

改変箇所

Sublime Text 2:

# urllib2.ProxyHandler()に対し、引数を下記のように指定
urllib2.ProxyHandler({'http': 'http://[username]:[password]@[host]:[port]'})

Sublime Text 3:

# urllib.request.ProxyHandler()に対し、引数を下記のように指定
urllib.request.ProxyHandler({'http': 'http://[username]:[password]@[host]:[port]'})

[password]にアットマークは含まないほうがいいでしょう。@を%40にURLエンコードすれば通るかもしれませんが、確認してません。

Preferencesの設定

PackageControlの導入は以上の操作で出来ますが、各パッケージのインストールのためにPreferencesの設定も必要です。

[Preferences]から[Settings - User]を開き、JSONに以下を追記。

"http_proxy": "http://[host]:[port]",
"https_proxy": "http://[host]:[port]",
"proxy_username": "[username]",
"proxy_password": "[password]"

プロキシサーバーがhttpsに対応しているようなら、https_proxyも"https~"にしてやってください。

Package Control 3.0.0 へのアップグレードの場合

上記に従うとアップグレードに失敗します。下記を参照してください。